スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

・宅配買取_業界最速級/買取の翌日入金/もえたく!

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【社会】名古屋ゴミ屋敷の家主 もともとは裕福な育ちで若くして常務に、趣味の英語の話題になると饒舌にwwww

1:2015/05/18(月) 00:36:18.92 ID:
★名古屋ゴミ屋敷家主に本紙記者が1日完全密着取材
2015年5月17日 11時0分 東スポWeb

「こう見えてきれい好きなんだよ」――。いまや全国的に有名となった名古屋市のゴミ屋敷の
家主男性(59)の1日はどんな生活なのか。本紙記者が15日、密着してみた。
名古屋市職員がゴミの片付けの手伝いに来るなど、変化の兆しがあったが、家主は午前中だけで
片付けを終了。近隣から来た「あんたを助けたい」と申し出る男性とは口論し、警察官が駆けつけた。
取りつく島もない様子は相変わらずだが、趣味の英語については冗舌。
本紙記者らに手作りラーメンをふるまうなど、ゴキゲンな1日を密着リポートする。

午前5時に起床したという家主は午前8時ごろ、歩道にはみ出たゴミを片付け始めた。
大型のラジオチューナーやDVDレコーダーが見つかるも、雨に濡れて使えそうにもない。
しかし「もともと使うつもりじゃない。部品を売るために拾ってきたんだ。それは捨てちゃいかん」と、
ゴミではなく資源だと主張した。

一事が万事、この調子。ゴミ山からバックルの壊れたベルトが見つかると「直せば使える」と今度は
直すためのドライバーをゴミ山から発掘。時間をかけて修理し、ベルト代わりに身につけていた
ビニールひもと交換。そのひもは「傘を束にするときに使えるでしょ」と捨てなかった。

午前11時前に名古屋市役所が行政指導に訪れた。出先機関の土木事務所職員が家主にゴミの一時的な
預かりを提案。家主は渋々応じ、一部のゴミは土木事務所に持って行かれた。ところが、だ。
そこに同市の別の区からニュースを見た年配男性が「あんたを助けたい」と現れた。
親切心が行き過ぎたのか、勝手にゴミに手を出し、家主はこれに「なんだバカヤロー」と激高。
男性が「お前にバカヤローと言われる筋合いはない」と応じて口ゲンカが勃発した。

近所住民の通報により警官が駆けつけ、正午すぎには片付けが中断。いったん引き揚げた名古屋市
関係者らが午後3時ごろ再来し、家主の説得に当たったが、家主は「今日はもう疲れた」と最大の
掃除のチャンスを終わらせた。職員は「もうひと箱でも持って行きたかったのですが…残念です」と
週明けに出直すとうなだれて帰った。

偏屈ジジイにみえる家主はどんな人生を送ってきたのか。

名古屋市に生まれ、地元中学、高校を卒業、大学進学のため上京。高円寺に住んだ。
卒業後は実家に戻り、父親が経営していた会社に就職。大阪の同業会社へ修業のため2年半ほど行った。
再び実家に戻ると常務として仕事にまい進。だが、27歳のときに会長だった父親が亡くなった。

家主は口を濁すが、その際に家族経営だった会社でトラブルが発生。家主の手元には今やゴミ屋敷になった
一軒家と、父親のBMW、いくらかの資産が残った。現在、家主は自分の貯金と、母親(88)に管理を
任せている資産で生活している。BMWは手放し、友人のスクラップ業を手伝ったり、
パチプロだった時期もあるが、30歳以降はほとんど無職だという。

このころからゴミ(本人いわく資源)を集めだす。最近は報道陣が集まるので日常生活を送れないが、
普段の一日はこうだ。午前5時に起きて、小型ラジオで英語番組を聞く。本紙記者にも「ウルトラマンは
“ア”ルトラマンと発音するんだ」と成果を力説。近所のハーフの少年が“英語の先生”だという。
英語番組は朝昼晩あり、ラジオを聞きながら、英語をつぶやいていた。 >>2へ続く

http://news.livedoor.com/article/detail/10121160/
名古屋のごみ屋敷
2:2015/05/18(月) 00:36:25.04 ID:
>>1より

“資源”が拾える場所をめぐるのも日課。夕方から夜には近所のスーパー銭湯にも行く。
この日は行っていないので毎日ではない。洗濯は手洗いだ。たばこは1日1箱「KENT」の1ミリを吸う。
コーヒーも好物で「その2つがあれば腹が減らない」ので1日1食だ。

その1食にお相伴にあずかった。家主は拾ってきたピカピカの鍋を見せ「磨いてきれいにした。
こう見えてきれい好きなんだ」と笑う。鍋にペットボトルで水を注ぐ。水は近所の公園で調達したもの。
拾ったコンロで「サッポロ一番」のカレーラーメンを作り始めた。アクセントに溶き卵を追加。
いつどこで買った卵かは聞けなかった。午後11時すぎまでいた本紙記者を含む3人に、
紙コップに分けてふるまった。

帰り際「どうせ(名古屋に)泊まりなんだから、もっといたらいいじゃないか」と、
まるで“ウチに泊まっていけよ”と言わんばかり。だが、泊まるスペースなどもちろんない。
もともとは裕福な育ちのためか、おもてなしの精神にあふれている。根っからの奇人ではなさそうだ。(了)
3:2015/05/18(月) 04:07:55.75 ID:
あの家みたってホントの貧乏人ではないわな


引用元:

このエントリーをはてなブックマークに追加
☆おすすめ記事(´・ω・`)

・宅配買取_業界最速級/買取の翌日入金/もえたく!

2015/05/18 05:27 | ちょいニュースCOMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。